紅白なますとゆずと小松菜

mihoppeさんのコメントで思い出しました.。
記録しておきたいのでおせちの追記をします。


紅白なますですが、
よく売ってる青首だいこんと
生協で注文しないと手に入らない三浦大根では
やっぱり、三浦大根がおいしいです。

今年は1本498円でした。

以前住んでいたところで借りていた市民農園で
おとなりさんがおふくろ大根というのをくれました。

これもおいしかったですよ。

太くてみずみずしい大根がおいしいのかもしれませんね。

それから、なます切り。

縦でも横でもなく斜めに薄切りしてから
千切りに。

硬すぎず、やわらかすぎない歯ごたえになります。



そこに入れるのは金時にんじん。

普通のにんじんより赤く、きれいです。

ただし、たくさん入れすぎると品がないといわれます。

いつもは太いのが2本くらいで1セットなのに
今年は細いのが4本で、
お煮しめの方では抜き型が使えない細さで、
全部手で花型に切って梅花人参にしました。

そして、ほんとに細い部分花にならない部分の
軸の部分をはずして
紅白なますの方に千切りにして使いましたよ。


さて、そこに飾るゆずですが、
塩をして水気を切った大根を甘酢に漬けるときに一緒に混ぜてしまうと
苦みが出るので、
飾るようにするといいんですね。

このゆず、
mihoppeさんのおっしゃるように
この冬は高かったようです。

冬至の頃も高かったって。

そうでなくてもお正月には高くなるので
まだ安い時期に買っておき、
いい部分だけ皮をそいで
白い部分も取って
面倒でも一切れずつラップにくるんで
アルミトレイの上で冷凍します。

凍ったらラップしたまま広口瓶に入れて密封。

これでにおいが移らず、
お正月になったら、一切れずつ取りだして
松葉に切って飾るといいですよ。

生にこだわらないなら、冷凍でもいいと思います。


先日も書きましたが、
同じように小松菜も12月中頃のまだ安い時期に
新鮮なものを買ってさっとゆでて冷凍しておくと
べんりです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック