2018年のおせち

あけましておめでとうございます。

恒例の元旦のおせちの記念撮影です。

今年は体調不良で、わたしは、元旦は白湯のみ。
なんて、かわいそうなお正月なんでしょう。

自分一人で食べないでいるなら、しょうがないか~と思えばいいけど、家族に食べさせるために準備するのがつらかったです。
長男の嫁ってそんなものでしょうかね。

今年は体調不良が続いているので、なるべく手をかけない、が、テーマでした。
が、味付け数の子で手間を省こうと思ったら、塩数の子を買ってきてくれちゃうじゃありませんか。
それで、塩抜きするところからはじめました。

あと、いつもは小布施の栗鹿の子をいれるところを今年はもらわなかったので、栗きんとんを買ってしまおうかとも思いました。
でも、栗鹿の子は残らないけど、栗きんとんは残るということで、安納芋を買って、オレンジのきれいな部分だけを、りんごを甘煮にして加えて寒天で固めて、というものを作ることにしました。
結局、手間が増えることになりました。



さて、こちらは、大晦日までに用意したもの。

○は作ったり、自分で味をつけたりしたもの
▲は作るときもあるけど今年は作らず買って済ませたもの
●はいつも買っているもの


紅白なます○
ごぼうの唐揚げ○
伊達巻き▲
かまぼこ●
白身魚のテリーヌ
松前漬け▲
数の子○
鮭の昆布巻き●
田作り○
2018年の元旦 おせち
お煮しめ ○
2018年の元旦 おせち
金柑の蜂蜜煮▲
干し柿 ○(母の)
黒豆▲
安納芋とりんごの甘煮の寒天寄せ○
きんぴらごぼう○
2018年の元旦 おせち
串もの●
2018年の元旦 おせち
ロースハム●
2018年の元旦 おせち



お煮しめは意地でも飾り切りをするぞ!と意気込んで、娘にはにんじんとこんにゃくをお任せ。
いつものように一度に煮ないでそれぞれに色よく煮るようにしています。
今年は絹さやが買えず、スナップエンドウを緑として入れたら、出汁がきいていておいしかったです。
2018年の元旦 おせち

かまぼこは義母がすごくいいのを買ってくれて、すごくおいしかったです。
ごぼうをお煮しめと一緒に煮て、片栗粉をつけて揚げてあります。
田作りは、今年はたれが飴にもならず、たれてきたりもしない、ちょうどいい加減になりました。
2018年の元旦 おせち
紅白なますは、今年は大根が小さいのしかとれなかったとかで、いつもより少なめなのですが、3日食べ続けるくらいは作りました。
2018年の元旦 おせち

黒豆はくまもんの器がちょうどよかったので。
安納芋とりんごの甘煮の寒天寄せは、食べやすかったです。
干し柿は1個を4等分して、それぞれに丸くして盛ってあるので、これも食べやすかったです。
2018年の元旦 おせち

きんぴらごぼうは、いつもの。
2018年の元旦 おせち

金柑の蜂蜜漬けは自分で作るときは種を抜くけど、売ってるのは種は抜いてないです。
2018年の元旦 おせち

今年は元旦お汁粉、元日のお昼、夜がお雑煮、ということにしてもらいました。

いつも元旦、つまり、元日の朝、お汁粉もお雑煮も両方用意するのですが、少しでも楽をしたくて、お汁粉のみと宣言しました。

すまし仕立てのお雑煮
小松菜に見えるのは、じつは青梗菜。
畑に小松菜を育ててなかったけど、チンゲンサイはあったから、それで。
2018年の元旦 おせち
お汁粉
第一弾は北海道の大納言小豆で、立派な小豆。
明日からの第二弾は北海道の小粒な小豆です。
2018年の元旦 おせち

2回目のお雑煮は、白味噌仕立てのお雑煮 鶏の肉団子入り。
今度の青菜は、畑でとれたほうれん草と、なんと、カリフラワーの葉っぱ。
けっこう、緑がきれいです。
2018年の元旦 おせち

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック